クレジットカードに関する豆知識を解説しています。

クレジットカードを貸してはダメ?

クレジットカードを他人に貸すという行為は規約違反に該当します。クレジットカードはカード上に表示されている会員本人以外は使用できないとされており、会員規約にその旨の条項がキチンと記載されています。

そもそもクレジットカードの所有権はクレジットカード会社にあるので、クレジットカードを利用する私たち消費者はクレジットカード会社から、クレジットカードを貸してもらっているということになるのです。

そして信用を元に、クレジットカードが発行され条件の範囲内で利用しているということを忘れてはいけません。

ですのでクレジットカード会員は家族、兄弟といえどクレジットカードの貸与、譲渡、担保提供、カード情報を使用させることは禁止されています。

実際にクレジットカードを貸して他人に利用された場合はどうなるかというと、会員本人が支払いう義務を負うことになります。

また、クレジットカードを借りた方も、会員本人ではないのに会員のフリをしてクレジットカードを利用する行為が、クレジットカードを利用した店側などに対し、詐欺行為等として該当する恐れもあります。

さらに、クレジットカードを貸した側と借りた側が、同意の元でクレジットカードの貸し借りを行なったとしても後で貸した側と借りた側で揉めてしまうということも考えられます。

クレジットカードの貸し借りは規約違反はもちろん、法律違反にも該当する場合があります。

クレジットカードの貸し借りは絶対やめましょう。