クレジットカードに関する豆知識を解説しています。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み画像

クレジットカードは現金を持ち歩かなくても買い物や支払いが出来るところが最大のメリットであり、実に便利です。

しかし、便利なことはいいけれど、どういう仕組みになっているのでしょうか?
そもそもクレジットカード会社はどのようにして利益を上げているのでしょうか?

私たち消費者からの代金受け取りを現金ではなく、クレジットカードで決済をした販売店などは、決済金額の3〜5%をクレジットカード会社に支払わなければならなくなるのです。

販売店側からすると3〜5%の支払いが発生するのは少々キツイですが、販売店がクレジットカードを取り扱う事により、顧客の購入機会を逃さず売り込む事が出来るので、3〜5%の手数料をクレジットカード会社に支払っても結果的には売り上げの増加につながるというメリットがあります。

そしてクレジットカード会社は顧客からカードの年会費、キャッシングや分割払い時に生じる金利などを受け取り、販売店などからは売り上げの3〜5%の手数料を受け取り、それらを収益としています。

ですのでクレジットカード会社はたくさんの人にカードを持ってもらい、沢山お金を借りて、たくさんモノを買ってもらったほうが利益が上がるという仕組みになっているわけです。

クレジットカード会社が年会費を無料にしたり、色々なサービスをつけるのは年会費を無料にしたり、付加サービスをつけても採算が合うので、よりよいサービスを提供してクレジットカード会員を集めているのです。