クレジットカードに関する豆知識を解説しています。

スキミング

クレジットカードを磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成し、知らないうちにクレジットカードを不正利用されていた、ということが後を絶えません。

スキミングの手口としては、スキミングで得た個人情報を利用して儲けている「組織」が、販売店などのお店の従業員などに依頼し、クレジットカードで決済するお客のカードを、「スキマー」と呼ばれるカード情報を読み取る装置を使って情報を抜き取り、その抜き取った個人情報をスキミング組織に流し、個人情報を抜き取ったお店の従業員はその組織から報酬を得られるという手口が多いです。

また、空き巣に入ってカードは盗まずに、スキマーを使って個人情報だけを抜き取ったり、飲食店(飲み屋など)で酔っ払ったお客の上着から財布を抜き取り、個人情報を抜き取る手口もあります。

いずれの手口もカードは盗まれていないので被害に気づかないことが多く、請求が来てから初めて被害に気づくことがほとんどです。

スキミングに遭わないためにはカードをキチンと管理するようにして、むやみにカードを見せないようにすることが大事です。

買い物するときにクレジットカードを店員さんなどに渡すときにはクレジットカードから目を離さないでおきましょう。
また、個人情報を抜き取りにくくした「※ICカード」に切り替えることも有効なスキミング防止方法です。

インターネットでネットショッピングなどネット上でクレジットカードを利用するときも注意が必要です。https://など、情報が暗号化される、セキュリティのかかったページでの買い物をしましょう。

ICチップ

ICカードはIC(Integrated Circuit=集積回路)チップが埋め込まれたカードです。 ICチップは膨大な情報の記憶やコンピューターのように計算をすることができます。
また、変造や解析が難しいのでセキュリティー機能に優れています。